和賀一美

和賀一美

KAZUMI WAGA

梶原みなみ全身

和賀一美 KAZUMI WAGA

【生年月日】1971.年7月8日
【身 長】  166cm
【体 重】  54kg
【サイズ】B 88cm、W 62cm、H 90cm

≪経歴≫
5歳の時に、フジテレビ「ポンキッキ」
相撲コーナー出演
20歳の時に、ロシア国立サンクトペテルブルグ演劇大学
俳優コース 留学
帰国後、劇団青年劇場所属。15年間、舞台の全国公演、海外公演に出演

【特技】
日本舞踊 歴23年。地唄舞神崎流名取り。西川流。
乗馬5級。
中国語、韓国語が、日常会話レベルで話せます。
東京都手話通訳士。
パーカッション(打楽器全般)演奏。
(高校時代ブラズバンド部所属。)

芸歴

【TVドラマ】
2013年 NHK「ガラスの家」 カフェ店員役
2014年 NTV「戦力外捜査官」 人質役
WOWWOW「平成猿蟹合戦図」 選挙事務所員役
2015年 NTV「○○妻」
(1月クール。柴崎コウさん主演) TV局ディレクター役

【映画】
2007年「パッチギ!LOVE & PEACE」 コンパニオン役
2008年「相棒ー劇場版ー」 マラソン記録計測官役
2014年「チーム・バチスタ ケルベロスの肖像」 医師役
「MONSTERZ」 モンスター役
2015年「ソロモンの偽証 後編」 中学生母役
「LOVE & PEACE」追っかけ役

【CM】
㈱ソシア「オーラクリスター ZERO」娘役

【舞台】
2012年「おつう」浅草公会堂 おもん実はおつう役(主演)
2014年「細雪」明治座 画廊客役
     「西遊記」全国公演、韓国ツアー公演 三蔵法師役

出演放送情報

Huluオリジナルドラマ「CROW'S BLOOD」



2016.07配信開始 
瀬戸教授の同時通訳(手話)で出演


舞台の紹介「風車〜かざぐるま〜」↓
【公演詳細】
ステージナタリーにも紹介されました!
http://natalie.mu/stage/news/204346

●公演期間:2016年11月16日(水)~27日(日)※全17回公演
11月
16日(水)18:30★
17日(木)18:30
18日(金)18:30
19日(土)14:00/18:00
20日(日)14:00/18:00
21日(月)16:00
22日(火)18:30
23日(水)14:00/18:30 24日(木)14:00/18:30
25日(金)18:30
26日(土)14:00/18:00
27日(日)16:00
開場は開演の30分前/受付開始は45分前
●会場:萬劇場
●料金:前売3900円/当日4000円(全席指定)
●作・演出:大浜直樹
●出演:池田努、あつねっと、上松大輔、うじすけ、小澤真悟、川口徹治、紅露朱音、古賀豊、小久江芽衣、近藤恭世、雑賀克郎、下出宗次郎、白井肉丸、鈴樹志保、張徹雄、津吉麻致子、戸塚丈太郎、七瀬美菜、伏見狸一、八重樫良友、山根ヒロシ、和賀一美
●主催:ものづくり計画
●舞台監督・美術:逸見輝羊
●照明:富山貴之
●音響:須坂あゆみ
●制作:古屋太朗
●共催:NPO法人まちづくり計画
3歳以下乳幼児の入場:不可
チケットについてのお問い合わせ:オデッセー 電話 03-5444-6966
●ものがたり
島には瀬戸内の風が吹いていた──
碧島(あおいじま)。
人口の減少、学校は休校となるなど、遠くない将来での無人島化が危惧されているものの、《いつかまた》皆で集まれると誰もが信じていた。
だが、深刻な過疎化と高齢化によって、島の遊技場が存続の危機に晒される。
そこは遊技場とは名ばかりの小さな公民館ではあったが、とはいえ、かつてはそこに島人が集い、祭り、映画の上映、紙芝居などの催し物が行われるなど島の中心であり、楽しき町の思い出が詰まった場所だった。
大きな危機感と強い使命感に駆られた島人たちは、故郷を守るべく、立ち上がる。
そんな時、かつて島を捨てた男が戻って来た。
島に、瀬戸際の風が吹き荒れ始めた──
→ 風車公式サイト
→ チケットご予約

タレントの出演に関するお問合せ

→ お問合せ

プロフィール(印刷用)

PDF

TYPE 俳優・モデル

所属: ディサイファPrint